結婚式の二次会はドレスを着用しておもいっきり楽しもう

ドレスの品格

一生に一度の一日を、手抜かりなしに良い衣装を着よう

結婚式の二次会のドレス選びは、どのような衣装がぴったりでしょうか。結婚式では、緊張気味の花嫁は、正装の衣装に疲れてくることもあります。それから二次会では、お式の緊張から解放されてしまいがちです。それでも新郎の職場の友人や、若い参列者の、二次会の祝いを歓迎してうけましょう。花嫁は一日中のあいだ、気の抜けない一日になりますが、一生に一度のドレスとして、二次会ドレス選びをしてみましょう。それは新婦側の友人と、合わせてみても、楽しい思い出になるでしょう。二次会ドレスの選び方は、崩しすぎず、主賓であることを意識してみます。お祝いをしてくれる人は、まだお式の余韻に、浸りたいかも知れません。二次会でのヒロインは、花嫁であることが当然なので、きちんとしたスーツタイプを選びます。

二次会ドレスも主賓の品格をたもつ衣装を着よう

新婦側の出席者のなかで、パーティドレスを用意する、出席者がいるでしょう。花嫁は出席者へは、気遣いの意を含めて、衣装選びを相談しましょう。自分がドレスアップした、晴れの日の記念は、写真などで披露目があります。そしてその写真や画像が、永遠に残るとなると、二次会ドレスへも余念をのこさず用意しましょう。出席者のドレスが、平均すると一万円前後の価格で、用意するとします。それに対して花嫁の二次会ドレスは、三万円前後から五万円を、目途にしましょう。あまり安いドレスになると、素材生地などへ触れた時、価格査定ができてしまいます。お式で高価なドレスに身を包めても、その後の衣装によっては、主賓の格が落ちてしまいます。そうならない為にも、効果で良質な二次会ドレスを着てくださいね。