結婚式の二次会はドレスを着用しておもいっきり楽しもう

婚約の証

婚約指輪を選ぶ際に注意したいこと

お付き合いを経て、今後の人生もずっと共にいたい、結婚をしたい、と思える異性を見つけることができれば、いよいよプロポーズですよね。プロポーズをすることを決意したものの、まず、婚約指輪はどんな物を買えば良いのか悩んでいる、という方は、とても多いのではないでしょうか。婚約指輪を選ぶ際に、気を付けたいことは2人で選ぶ、ということです。良くドラマなどでサプライズで指輪を買って贈るという場面があるため、あこがれる方も多いのです。しかし、実際に身に着けるものですから、女性としては、自分にとって、気に入るものを、納得のいくまで選びたいものなのです。「婚約指輪を一緒に選ぼう」というのはとても素敵なプロポーズですよね。

婚約指輪の変遷や身に着ける由来を知ろう

そもそも、婚約指輪とは、どういったものでしょうか。現在分かっている、世界でもっとも古い婚約指輪である、と考えられているものは、古代ローマ時代のお墓から出土した指輪です。当時は、結婚の約束の証として、鉄のシンプルな指輪を夫側が、妻に送っていたとされています。残念ながら、現在のように、プロポーズの言葉と共に、女性に贈る、晴れがましい物、というロマンティックなシチュエーションで贈る物ではなかったようです。鉄のシンプルな婚約指輪を贈る慣習は、ローマ帝国が栄えていた、紀元前1世紀ごろまで続いていました。婚約指輪は、左手の薬指に着けるのが一般的ですが、この左手の薬指、という考え方は、古代エジプトの時代までさかのぼることができます。左手の薬指は、心、すなわち心臓と、血管1本でまっすぐつながっていると考えられていました。神聖な指にはめて、女性の心をつかむものと考えられていたのです。